柴又と松戸を結ぶ渡し場「矢切の渡し」で渡し舟体験!【矢切】

柴又と松戸を結ぶ渡し場「矢切の渡し」で渡し舟体験!【矢切】

 

東京の柴又と千葉の松戸の堺を流れる江戸川。この両岸を結ぶ渡し場が「矢切の渡し」です。
 
歌謡曲『矢切の渡し』や映画『男はつらいよ』、小説『野菊の墓』などで全国的に有名になったこの渡し場から渡し舟に乗船してきました。

 

 

都内に残る唯一の渡し場「矢切の渡し」

 

「矢切の渡し」は、江戸時代初期に徳川幕府が設けた渡し場の一つです。当時、江戸への出入は非常に規制が厳しいもので、関所破りは「はりつけの刑」になるほどだったそう。しかし、両岸に田畑を持つ農民たちは耕作のため、関所の渡しを通らずに自由に渡船で行き交うことができました。この「百姓渡船」制度が「矢切の渡し」の起源であるといわれています。
 
また、農民たちは農地に耕作しに行く他に、日用品購入や寺社参拝などの目的でも利用していました。生活の中になくてはならない移動手段だったのですね。
 

 

明治初期に入ると、関所の廃止や陸運の発達のため、各地で渡し舟を廃止するだけでなく、渡し場も閉鎖されるようになりました。そのような状況の下、「矢切の渡し」は今日も閉鎖されることなく続いています。

 

 

一漕ぎ一漕ぎゆっくりと進む渡し舟

 

現在の「矢切の渡し」は、当時のような交通手段としてではなく観光の一つとして親しまれています。
 
松戸側江戸川沿いの散策コース「水辺の健康ロード」から江戸川の方へ階段を下り、一本の細い道を進んでいくと渡し場に辿り着きます。
小さなベンチや焼き芋屋さんなどとともに、矢切の渡しの看板などが見えます。
 
その先に渡し舟は、葛飾と松戸を繋ぐ運行の1隻のみ。舟が到着するのを待っている間に焼き芋を頬張る姿もありました。

 


 

渡し場から見る夕焼け空とキラキラと光る水面に思いを馳せながら対岸からの船を待ちます。

 

 

桟橋をゆっくりと進み、舟へと乗り込みます。渡し場にはさまざまな注意書きがあるので、よく確認してから乗船してくださいね。

 


 

動き出した舟は、出だしこそモーターで進んでいましたが、進路が安定すると手漕ぎに切り替わり、ゆっくりゆっくりと進んでいきました。

 

 

小さい舟のようですが、30人まで乗ることができるそうです。「櫓(ろ)」という一本のオールを使い、手で漕いで進みます。一見簡単そうに見えますが、5mの櫓を漕いで目的地まで安全に向かうのは熟練の技が必要です。

 


 

10分ほどで柴又に到着です。対岸に近づくと、乗船する人たちが舟の到着を待ちわびていました。

 

 

一旦降りて、柴又を散策するも良し。もう一度、舟の旅を楽しむも良し。今回は、折り返し向かう舟に再び揺られながら、船頭さんにお話を伺いました。

 

 

この渡し舟は関東で作る人がいないため、瀬戶内海の作り手さんにお願いして作っていただいており、舟は宅急便で輸送されてくるそうです。

 

 

10分ほどして、元の渡し場に戻ってきました。

 

 

江戸時代初期から続く味のある手漕ぎの和船。心地よく舟に揺られながら当時の雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか。

 

 

▶矢切の渡し
HP:https://www.matsudo-kankou.jp/yakirinowatashi/
住所:〒271-0096 千葉県松戸市下矢切1257
最寄駅:
常磐線・新京成線 松戸駅から バス10分(バス停「旧矢切高校」) から徒歩30分
常磐線・新京成線 松戸駅から バス17分(バス停「矢切の渡し」(土休日のみ運行))から徒歩5分
営業時間:10:00~16:00頃
運行日:夏季…毎日/冬季…土日祝日、庚申の日のみ
※荒天の場合のほか、臨時でお休みになる場合がありますので、乗船を希望される方は事前にお問い合わせください
料金:中学生以上 片道200円/4才から小学生 片道100円
TEL:船頭(杉浦) 047-363-9357