古着に新しい命を吹き込むリメイク工房「Re-labo goemon」【柏】

古着に新しい命を吹き込むリメイク工房「Re-labo goemon」【柏】

 

柏駅前の賑やかな通りを抜けると、雑居ビルの1階にアメリカンテイストな古着屋さんがあります。
気になって階段を上り、扉を開けてみると、たくさんの古着たちが出迎えてくれました。

 

複数の素材を組み合わせて1着のアイテムに

 

店内にはデニムや綿、コーデュロイ、毛糸などの様々な素材を組み合わせて作られた洋服が並んでいました。既製服で見かけるデザインはありません。いくつもの素材を組み合わせている洋服たちはどれも凝ったデザインで、つい見入ってしまいます。
形は同じでも、素材や素材のデザインが異なるので同じ洋服がないのです。

 


6枚の布を使ったパーカーは、裏地部分がなんとピンクでした(写真下)

 

また、洋服だけではなく、帽子やカバンなどのアイテムや小物入れなども並んでいます。

 

 

素材集めは新しい企画の第一歩。企画から制作まで手掛けるリメイク工房

経年して出てきた味をどう生かすか」ということを考えながら、このお店の商品はひとつひとつ丁寧に作られています。

最初に大量の古着をパーツごとにバラバラにして、素材1枚1枚と向き合う時間は至高の時間だそうです。

約2、3週間で20点から30点ほどの新しい商品が生まれるこの工房は、5人のスタッフで運営されています。

商品になるまでのスピード感は、企画から制作まですべての工程をこの工房で行っているからこそできること。ユニークな発想と実現する技術が工房内にすべて揃っているため、短い期間で多くのオリジナル商品を誕生させることができるのです。

 

作っている人の顔が見える工房

 

この工房では、作っている人の顔が見えるのも嬉しいところ。古着が好きな人や1点ものに魅力を感じている人、小物や帽子で差をつけたいお洒落なお客様たちが足を運びます。

 

 

見ているだけでも魅力が十分伝わる商品たちですが、手に取ってみるとさらに生地の質感、裏地やポケットの細工、小さなところに見え隠れする素材の味わいを感じることができ、触れる度にときめきます。

そして、手に取った洋服ができるまでのストーリーや製作の裏側、想いについて、直接作り手の方から話を聞くことができるというのは、なかなか普通の販売店ではできないことです。

もしかしたら、こんなアイテムが欲しいというリクエストにも応えてくれるかもしれませんよ。

 

素材の持つ味のある質感に手を触れ、作り手の方の声に耳を傾けてみませんか?
使われなくなった素材・着られなくなった洋服をばらし、組み合わせた洋服や小物たち。そのユニークな表現で形になるアイテムは1点もの。
みんなと同じではないあなただけのアイテムは、よりあなたという存在を輝かせてくれるでしょう。

 

 

▶Re-labo goemon
HP:https://re-labo-goemon.amebaownd.com/
住所:〒277-0025 千葉県柏市千代田1-1-34 小溝第一ビル2F
最寄駅:JR常磐線・東武野田線 柏駅東口 徒歩10分
営業時間:12:00~19:00/日曜 祝日12:00~18:00
定休日:木曜日
TEL:04-7167-9125