松戸市の保育の質がさらに向上!話題の「松戸手当」ってどんなもの?

松戸市の保育の質がさらに向上!話題の「松戸手当」ってどんなもの?

皆さんは「松戸手当」という言葉をご存知でしょうか。

千葉県松戸市が市内で働く保育士に対して、勤務先の施設から支払われる給与とは別に一定額の支援金を毎月給付するというものです。
この取り組みに対して、Twitterをはじめとした、さまざまなところで評判を呼んでいます。

実は、この制度自体が始まったのは2017年10月からなのですが、注目を浴びたのはあるユーザーがTwitterで紹介したことがきっかけ。なんと、この投稿を2万人以上が拡散しており、「松戸市に引っ越したい」や「保育士だけど、松戸市で働きたい」「松戸市に住んでて良かった」など賞賛の声が相次いでいます。

今回は松戸市の情報サイト『まつどDE子育て』に書かれている松戸市の保育士確保に関する取組みより一部抜粋、引用させていただき、情報をまとめました。

松戸手当とは

松戸手当とは、松戸市が市内の保育園などで働く保育士、保育教諭を応援する制度で、
松戸市の保育の質を向上を目的とし、施設からの給与とは別に松戸市が一定金額を手当として支給するものです。

ちなみに、松戸手当ではどのくらいの金額が貰えるの?

松戸手当は、毎月45,000円~72,000円が支給されるとされています。
これは勤続年数に応じて支給金額が変わるためです。また、働いた月から手当が支給されるというのも嬉しいポイントですね。

松戸手当の支給内訳とは

具体的に支給される内容について見ていきましょう。

1)月々の家賃+就職時の費用補助

・松戸市内に住む、新卒保育士さんの家賃を補助(上限3万円)※個人に給付
・新卒保育士さんが、就職する際に必要な費用を補助(上限10万円)※施設を通して個人に貸付け

2)保育所入所の優先度アップ

・松戸市内の保育施設で保育士として働く人のお子さんの保育所入所を優遇
・育休から復帰すると、お子さんの保育料が最大2万7千円(月額)安くなります※復帰後2年勤続する必要あり

3)市長が表彰・記念品を贈呈

・10年勤務した保育士さんを表彰
・市長が記念品(グルメカード3万円分)を贈呈

保育士資格をお持ちの方へ(チラシ)(PDF:4,016KB)

 

資格がなくても大丈夫!松戸市で保育士を目指そう

松戸手当の制度を見ていて、保育士になりたいと思う方も多いのではないでしょうか。
松戸市でそのような保育士を目指す方を応援する街でもあります。

1)資格なしで働ける

・保育士資格がなくても、保育士のサポート役(保育支援者)として働ける
・保育園、幼稚園、認定こども園、小規模保育施設など約100の施設から自分に合った職場を選べる

2)保育士資格の取得支援

・松戸市内の保育施設で働きながら保育資格取得を目指す方を応援
・保育士支援の受験費用、講座の受講費用など最大15万円を助成金として給付
※資格取得後1年以上勤続する必要あり
※保育施設で保育支援者として2年間従事すれば、短大・大卒でなくても国家試験の受験が可能

3)学生向けに変換免除の貸付もあり

・千葉県内の保育士養成施設に在学中で要件を満たすと、総額120万円の貸付が受けられる
※返還免除には5年以上勤続など、条件あり

保育資格が無くても保育所で働けます(PDF:4,241KB)

 

保育資格が無くても保育所で働けます(チラシ裏面)(PDF:1,632KB)

 

ますます松戸市は子育てしやすい街に

今回話題になった「松戸手当」により、これからさらに保育の質が向上しそうです。
現在、2年連続待機児童ゼロとでもある松戸市は、ますます子育てしやすい街として進化していきそうですね。

▶関連サイト
松戸市の保育士確保に関する取組み まつどDE子育て|松戸市
保育士にっこり「松戸手当」 施策のワケは|日テレNEWS24