コーヒースタンド併設!日替り店長の小さなカフェ「One table」【八柱】

コーヒースタンド併設!日替り店長の小さなカフェ「One table」【八柱】

 

新八柱駅の近くにある常盤平さくら通り。
満開の桜並木を想像しながら歩いていると、小さなコーヒースタンドに出会いました。

 

お店の前には「良い音楽と良い珈琲と昼から呑む酒」という言葉が書かれた看板が置かれていました。
気になってお店をのぞいてみると、中はカフェになっている様子。早速、足を踏み入れてみることにしました。

 

小さなカフェの店内は、ときめくものがあちこちに

 

テーブル席とカウンター席合わせて15席ほどの小さなカフェ。
案内されたカウンター席に着くと、目の前には自家製のお酒シロップや旬の野菜がずらりと並んでいます。

店内には、雑誌や本、テイクアウト用のパウンドケーキなどが置かれており、見ているだけで胸がときめきました。

 

 

お客様のワガママにも応えてくれる柔軟なお店

メニューを見ると、フレンチトーストが気になりました。しかし、この日オススメのディナーメニューは店長特製カレーライスとのこと。このカレーはファンが多いそうですが、なかなかメニューには出していないとか。そのような話を耳にしたら食べたくなってきますね。どちらにしようか迷っていたら、フレンチトーストをハーフサイズで作ってくださいました。

隣に座っていた女性は「1500円で飲み物と食べ物を」という注文をされていました。ちょっとしたワガママやお任せメニューにも対応していただけるのは嬉しいですね。
 
そして待ちに待った、店長特製カレーライス。
一口食べてみると、酸味と甘味をバランスよく感じつつ、ピリリとしたスパイシーさのある味わいでした。

この酸味や甘味の元について聞いてみると「酸味はトマトが入っているからかな。他には、バナナ、リンゴ、玉ねぎ、にんにく、しょうが、スパイスはクミン、カルガモン、ターメリック、みかんの皮粉末、花山椒が入っていますよ。」と、店長が気さくに教えてくださいました。

花山椒がピリリとした独特の刺激を与えているんですね。

 

カレーライスには短角牛のステーキも乗っています。
しっとりした赤身は、噛めば噛むほどうま味が強く感じられるお肉でした。

 

そして、オーダーしていたもう一品のハーフサイズのフレンチトースト。
こんがりと綺麗な焼き目がついており、見るからに美味しそうです。

卵液がたっぷりとしみたパンには、自家製のベリーソースがよく合います。
使われているパンも厳選しているのだとか。

細かいところまで、こだわりが感じられますね。

 

 

日替わり店長のカフェで新しい出会いと発見を

コーヒースタンドが併設されているカフェはよく見かけますが、このお店には最大の特徴があるのです。
それは店長が日替わりであるということ。それぞれの店長がコーヒーとそれに合う何かを提案しているそうですよ。また、店長によってメニューだけでなく、営業時間も異なるそうです。

 

伺った日は日曜日だったので「Teshigoto食堂」の日でした。

ご夫婦でお店を切り盛りされていて、もともとはスローコーヒーで働かれていたそうです。
スローコーヒーの人気メニューであるカレーですが、実は、Teshigoto食堂の旦那さんが考案されたとのこと。
素敵なつながりですね。

 

カウンター席に座っていたので、お店が落ち着いているときには店長さんとの会話も楽しめます。
この時も、お店の話だけでなく、松戸や柏の話も楽しみました。

お客様は常連さんが多いそうですが、ご夫婦がお客様を紹介してくださるので、初めての方でも入りやすそうです。食事を楽しむだけでなく、新しい出会いや発見も生まれそうですね。

 

 

また、お店ではカフェの営業だけでなく、コーヒーや雑貨のワークショップも開催されているそうです。
日替わり店長なので、それぞれの自慢の料理やドリンク、ワークショップなど毎日目が離せないですね。一度訪れたら、虜になってしまうこと、間違いありません。ぜひ一度訪れてみてくださいね。

 

 

▶One table(Teshigoto食堂)
HP:
One table:https://www.facebook.com/onetablecoffee/
Teshigoto食堂:https://www.facebook.com/teshigoto.info/
住所:〒270-2265 千葉県松戸市常盤平陣屋前1-13
最寄駅:JR武蔵野線 新八柱駅 徒歩4分
営業時間:日月 12:30~22:00
※One tableは木曜日以外、毎日営業しています
※木曜日は現在店長募集中(2018年1月時点)